サイト制作を自分だけでやるときのコツ

サイトのコンセプトを定める

サイト制作を自分で行う際には、事前にコンセプトを明確にしておくことが欠かせません。趣味で立ち上げたり、物販事業を営んだりといった風に、サイトを制作する際には、何かしらの目的があるでしょう。コンセプトを明確にすれば、制作に要するツールや手順は明らかになっていきます。物販事業を営むのであれば、更新が容易なCMSを使った方が良いというように、必要となるシステムが見えていくのです。

制作に必要なツール同様、サイト制作に必要となるデータについても、前もって考えておく必要があります。サイトイメージに相応しいデザインや、SEO対策が施された文章などを、事前に揃えておいた方が良いからです。サイト制作を特集するサイトには、業種別のサンプルが掲載されているものも少なくありません。自分がイメージするサイトに近いサンプルを見つけてみるのも、コンセプトを考える際には有効な手段でしょう。

運用方法と目的を明確にする

サイトを制作する際のコンセプトが定まった後は、運用方法と目的を検討する必要があります。趣味のサイトの場合にはアクセスアップを目指したり、物販事業の場合には売上向上を実現したりなど、それぞれ運用における目的があるでしょう。どのような目的で運用をするかが決まれば、日々の更新スケジュールなどの運用方法については見えていきます。

コンテンツの更新を行ったり、アクセス数の推移を分析したりする際には、使い勝手の良いツールがあった方が良いでしょう。仕事が忙しい方などは、日々のサイト更新に多くの時間を割くことが出来ないことも珍しくありません。利用者の口コミを見たり、サンプルに触れたりしながら、自分に適したツールを探していくことが大切です。