サイト制作を会社に依頼するデメリット

サイト制作のクオリティが会社によって異なる

サイト制作を会社に依頼するデメリットはクオリティにばらつきがあることです。多くのサイト制作会社では自社なりのこだわりを持って制作をしています。スタッフもバラエティー豊かというわけではなく、中小企業の場合にはイラストレーターやウェブデザイナーが一人しかいないということもよくあります。イラストやデザインは個人的なこだわりがあったり、得意とする分野があったりするので、必ずしも自社にマッチする仕上がりになるとは限りません。サイトデザインを出してもらった時点で納得できず、何度も作り直しを依頼しなければならないこともあります。サイト制作は依頼先によってクオリティの違いが大きいので、会社に依頼するときには注意が必要です。

費用が想定以上にかかることがある

サイト制作を会社に依頼すると費用がかかります。依頼する段階になって見積書を作成してもらうのが一般的ですが、見積もり以上に費用がかかることもあるので注意が必要です。サイト制作会社によっては追加費用の条件が契約書に定められていることがあります。例えば、サイトデザインのやり直しを依頼すると追加費用がかかる、新たにイラストや動画を追加すると料金が発生するというのが典型例です。見積もりの時点では費用対効果が良いと思った会社でも、最終的には費用がかなりかかってしまうリスクがあるので気を付けましょう。サイト制作をするときにはクオリティが高くて納得できる仕上がりにすることは重要です。追加費用についてどのようなときにかかるかを確認しておくのが大切です。