自分でサイト制作をするデメリット

SEOに弱いサイトになってしまう可能性が高い!

自分でサイト制作を行うデメリットの一つとして挙げられるのが、SEOに弱いサイトになりやすいという点です。SEOとは大手の検索エンジンがサイトを高く評価し、上位表示してくれるようなサイトにするための施策の事を指します。検索した結果、最初のページに表示されるかどうかでサイトに訪れるユーザーの数は大きく変わってくるのです。売上や集客力向上を目的としたサイトを求めたいのであれば、SEOは必須な施策と言えます。サイト制作会社の多くはこのSEOのノウハウを持っているため、サイト制作会社に依頼すればSEOを考慮したサイト制作を行ってくれます。一方、自分でサイト制作を行う場合、SEOをイチから勉強する必要があります。そのため、せっかくサイトを完成させてもなかなか上位表示されずに売上や集客に繋がらないという可能性もあるのです。

制作や運営に時間を取られる他、更新作業も自分で行う必要がある

制作や運営に多くの時間を取られてしまう点も自分でサイト制作をする場合のデメリットです。サイトの制作は細かい作業が多く、時間がかかりやすいとも言われています。特に初めてのサイト制作では時間がよりかかりやすく、一つの問題点を解決するのに数日程度かかってしまったという方も珍しくありません。そのため、サイトの制作が思うように進まず結果的には途中で挫折してしまうというケースもあります。またサイト制作を自分で行うデメリットとしては、本業が忙しい時でも自分で更新作業をする必要があるという点です。サイトは完成して終わりではなく、更新作業を定期的に行って常に情報を最新の状態にしておく必要があるのです。しかし本業が忙しくなり更新作業をついおろそかにしてしまうと、何の効果も得られないサイトになってしまう恐れもあります。